ベトナム現地からのメッセージ

ベトナム現地からのメッセージ

日本人がベトナムで働く場合、ベトナム人スタッフのマネジメントをするか、スタッフとしてベトナム人と同じ目線で仕事をする人がいます。いずれの場合でも、外国人である日本人がベトナム語を少しでも話せたら、相手のベトナム人はどう感じるでしょうか?それはやはり嬉しいものです。逆に日本に長く滞在しているのに、英語だけ、中国語だけで生活を押し通し、日本語に関心が全くない人を見たらどうおもいますか??単純に悲しく思いますよね。
 

相手が英語や日本語を話せたとしても、こちらが現地語を分かるのと分からないのとでは、相手への印象やその後の関係構築に大きな差があります。相手の言葉を知りたいと思うことは、相手の文化を尊重することになります。大切なのは語学のレベルよりも、その気持ちです。なぜなら、それは、その国や人とちゃんと関わりたいと言う意思表示になるからです。完璧に流暢になることがゴールではないのです。言葉を知りたいと思ってくれているという、シグナルがとても大切なのです。その結果、ベトナム語スピーカーになるということが一番重要です。それがあれば、プライベートでも仕事でも、相手との距離が一気に縮まります。

また実際生活面からみると、日本語はもちろん英語も通じない場面も多々あります。仕事中のタクシー移動の際のドライバーとのやり取り、目的地での受付やセキュリティスタッフとの会話など、ベトナム語が少し話せるだけでお互いの緊張感が解け、気持ちのストレスも軽くなりますし、生活が楽しくなります。

 

そして、まだ日本人でベトナム語スピーカーが少ないというのもチャンスだと思います。日本ではベトナム語学科がある大学や専門学校はまだ少数で、そもそもベトナム語に触れる機会が少ないのが現状です。

しかしながら、ベトナムへの日系企業の進出は爆発的に増えています。それも昨今では、コストセンターとしての製造業から、小売、サービス業の業種が増えています。よりサービスやホスピタリティを伝えていくポジションとして、より日本人のベトナム語スピーカーが求められているのです。日本にいる方でも、ベトナム語を学び、それを証明できるものがあれば、ベトナムで仕事をするチャンスも増えていくでしょう。

JAC Recruitment Vietnam
代表取締役社長 加藤将司